相続での土地の名義変更について

by ,

土地の名義変更をするのは様々なケースがあります。

ここでは、私の知人が実際にした経験した名義変更の手続きについてまとめておきたいと思います。

知人は、相続による土地の名義変更をしたのですが、相続の名義変更には3つのケースがあります。

【法定相続の場合】

知人のケースはこれなのですが、民法で定められた法定相続人に土地が相続されるものです。

法定相続人というのは、基本的には配偶者なのですが亡くなった人の子供や孫、父母や祖父母、兄弟姉妹も相続人になることがあります。

知人の場合はお父様に配偶者がすでにおられないので、子供である知人が相続することになります。

【手続きに必要な書類は】

この手続きに必要な書類は、亡くなった人に関する書類と相続人に関する書類、土地に関する書類です。

亡くなった人に関する書類は、亡くなったことが記載されている戸籍謄本(除籍謄本)、住民票の除票、亡くなった人が生まれてから亡くなるまでの改製原戸籍や除籍謄本です。

相続人に関する書類は、戸籍謄本、印鑑証明書、住民票です。

そして土地に関する書類は登記済み権利証、または登記簿謄本、固定資産税評価証明書となります。

【法務局で手続きを】

土地の名義変更の手続きは法務局で行います。

その土地を管轄する法務局で行いますので注意してくださいね。

申請する時は登記申請書が必要ですから事前に記入して行くと良いでしょう。

登記申請書はダウンロードできますので、用意していきましょう。

そうすると手続きがスムーズですよ。