AGAの状況

抜け毛が増えてくるのをそのままにしていると…何だか地肌が目立ってきて頭皮が寂しくなってきた!なんて言う人はいませんか?男性において薄毛の原因として考えられるのは、やはりAGAかもしれません。

AGAは本人が気づかずにいても、実はかなりの人がなっていたりするという、脱毛症の原因の中では最も多い症状なのです。

よく髪が薄くなってきたり、薄い人のことを男性ホルモンが多いから…なんて冗談まじりに言ったりするのを聞いたことありませんか?AGAはまさにこの男性ホルモンの影響によって髪が薄くなっている状態のことをいいます。

男性ホルモンが多くなってきた成人の男性には起こり得る脱毛症です。

薄毛なんて早くても40代後半でしょうなんて思っている人は甘いですよ。

AGAは20代にもかなりの患者がいます。

若年性脱毛症などともいわれ、若い人でもAGAになる可能性があります。

AGAというのは、Androgenetic Alopeciaの略のことで、男性ホルモン型脱毛症を言います。

このAGAは進行する脱毛症なので、そのままにしていれば、どんどん薄毛の状態は進行していきます。

AGAかもしれないと思ったら、早めのケアがおすすめです。

AGAの治療は内科や皮膚科などの病院、もしくは専門クリニックで治療をすることができますが、いずれにしてもAGAに関する診察代や処方箋代は保険適用外となります。

費用については医師との相談をすること、セルフケアできることがあるならそこから初めて見ることもよいでしょう。

こちらを⇒AGAの治療費目安として名古屋になりますが、ご覧ください。